株式会社一兎舎


ブログ

美しきラガーマン2019年10月07日

だんだん寒くなってきましたが、
スポーツ界はあちらこちらで暑く盛り上がっています。
ラグビーW杯、プロ野球クライマックスシリーズ、世界陸上などなど。

 

我が横浜ベイスターズはクライマックスシリーズ進出を果たし、
なんとか1勝1負にもちこみホッと胸をなで下ろしているところです。

 

ラグビー日本代表も3連勝と快進撃で、
史上初の決勝進出という歴史的快挙が目前にせまっています。
友人のお父さんにそっくりなラグビー日本代表キャプテンの
リーチ・マイケルがかっこいいです。

 

ところでラグビーは、あんな血みどろの競技ですが
なかなか紳士のスポーツです。

トライやキックを決めた(得点を決めた)選手が
サッカーや野球のようにガッツポーズや
派手なパフォーマンスをしないのが通例のようです。

 

全ての得点シーンではありませんが、
フォワードがタックルをされ痛い思いをしながら、
やっとの思いでつないだボールを
最後にバックスが走り込んでトライを決める、
まさに「おいしいとこだけを持っていく」状態です。

しかしラグビーの精神には、

 

One For All、All For One

1人はみんなのために、みんなは1人のために、

 

というものがあり、自分のてがらだとアピールはしないそうです。

 

昨今、一部の大会で派手なパフォーマンスが見られたりしますが、
さすがにW杯クラスの大会ではあまり見られない様な気がします。

 

自分も、そんなラガーマンの精神を見習いたいと思うしだいです。

 

牧 智志

この記事を書いた人
牧 智志

デザイン制作
スポーツバカ

株式会社 一兎舎
【出版・編集・取材・企画・デザイン・Web・印刷】

〒381-0043 長野市吉田2-9-2
Tel.026-219-2233 / Fax.026-219-2088
MAIL : info@ittosha.jp
2016 copyright © ITTOSHA. All rights reserved.